ホーム > 出来事 > 破産宣告の前段階

破産宣告の前段階

自己破産手続きをする人で抱えている借り入れに関して保証人がいるときには事前にきちんと連絡をしておくべきです。

 

再度、強調しておきますが借金に保証人がいるときは、破産以前にちょっと検討する必要があります。

 

なぜならば自分が破産宣告をしてOKが出れば保証人になっている人があなたの債務をみんな果たす必要が生じるからです。

 

破産宣告の前段階であなたの保証人に、経緯とか現在の状況を説明し謝罪の一つも述べなくてはならないでしょう。

 

保証人になるひとからすれば当たり前のことです。

 

債務者のあなたが破産することでとたんに債務が発生してしまうわけですから。

 

以後の保証人の行動の選択肢は4つあります。

 

まず、保証人自身が「全額弁済する」というものです。

 

保証人となる人がその数百万円の金額をポンと完済できる財産を持っているならばそれができるでしょう。

 

でもむしろあえて自己破産せずに保証人である人に立て替えてもらいあなた自身はあなたの保証人に毎月返済していくという選択肢もあるかと思います。

 

また保証人があなたと親しい関係にある場合などは少しは弁済期間を考慮してもらうこともありえます。

 

保証人がまとめて完済が不可能だとしても相談すれば分割での返済に応じるものです。

 

あなたの保証人にも債務整理を実行されてしまうと借金が一円も返金されないリスクがあるからです。

 

その保証人が債務者のカネをすべて立て替える財力がない場合は、お金を借りたあなたと同じようにいずれかの借金の整理を選ばなくてはなりません。

 

2つめが「任意整理」による処理です。

 

貸金業者と示談することで、5年以内くらいのあいだで弁済していく方法です。

 

実際に弁護士事務所に依頼するにあたってのかかる費用は債権者1社につき4万円ほど。

 

全部で7社から債務がある場合28万いります。

 

確かに貸金業者との示談は自分でしてしまうことも不可能ではないですがこの分野の経験がない人の場合債権者が自分たちにとって有利なプランを提示してくるので、慎重である必要があります。

 

ただ、任意整理を選択するとしたとしても保証人に債務を立て替えてもらうことを意味するわけですから、あなた自身は少しずつでもその人に返済を続けていく義務があります。

 

次の3つめはその保証人も返済できなくなった人といっしょに「破産宣告する」ということです。

 

破産した人と同様に破産申告すれば、保証人である人の責任も消えてしまいます。

 

ただその場合は、その保証人がマンション等を登記しているならばそういった個人財産を失いますし、証券会社の役員等の業務に従事しているならば影響を受けてしまいます。

 

個人再生を利用するといいでしょう。

 

4つめの方法は、「個人再生制度を使う」方法があります。

 

不動産を処分せず借金の整理をする場合や破産申告では影響が出る仕事に従事している場合に選択できるのが個人再生による処理です。

 

この手段なら不動産は処分が求められませんし破産の場合のような資格にかかる制限が何もかかりません。