ホーム > 思い出 > 最後の手段

最後の手段

民事再生という方法はマンション等のローンがある多重債務の問題に悩んでいる個人をターゲットとして、マンションを維持したままで金銭面で立ち直るために公の機関を通した手順として平成12年11月に利用できるようになった制度です。

 

この法律には、破産とは違って免責不許可となる要件がないので賭け事などで借金をした場合においてもこの方法は選択可能ですし、破産をすると業務が不可能になりかねない立場で仕事をされているような方でも民事再生手続きは可能です。

 

破産の場合には、マイホームを保有したままにすることは許されませんし特定調停等ではやはり元金は完済していかなくてはなりませんので、住宅ローン等を含め支払うことは現実問題として困難だと考えられます。

 

ただ、民事再生による手続きを選択することができれば住宅ローンなどを除く借り入れについては十分な減ずることも可能なため余裕を持ちつつ住宅ローン等を返しながら借入金を払い続けることもできるということなのです。

 

ただし、民事再生は任意整理による手続きまたは特定調停と異なって一定の借金だけを除いて手続きしていくことは許されませんし破産手続きの場合のように借り入れ金それ自体消えるわけでもありません。

 

さらに、そのほかの処理と比べて処理が時間が必要ですので住宅ローンなどが残っていて住居を手放すわけにはいかないような時以外の、破産手続きのようなその他の整理方法がない場合の手続きと見ておいた方がいいでしょう。