シアリス20mgを半分に割って食べる効果


経口用勃起不全治療剤の中で最も歴史が古いのはバイアグラです。最初の勃起不全治療剤であるバイアグラは、1998年に開発され、それ以降レビトラやシアリスのような経口用薬剤が次々に開発された。また、最近ではジャイデナなど、ジェネリック薬も多く登場した。

まだ認知度や利用者数言えばバイアグラをついてくるだけの勃起不全治療剤ではない。それこそ勃起不全治療剤の代名詞と言っても過言ではない。ところが、さすがにバイアグラ持続時間はどれくらいか?男性なら誰でもこれに対して疑問を抱いているようだ。

結論から言えば、製薬会社で案内するバイアグラ持続時間は4〜8時間であるとされている。もちろん他の医薬品と同様に服用する人の体質やその日の体調など、いくつかの要素に基づいて薬効持続時間は異なる場合があります。

持続時間

ここでバイアグラ持続時間と関連して1つ注意事項があります。それはその日に摂取する食品に応じて影響を受ける点である。特に注意しなければなら栄養成分は脂肪です。脂肪を過剰摂取してバイアグラを服用すると、薬物の有効成分が、脂肪と結合して、体に吸収されずにそのまま排出されてしまうことがあります。このような理由から、薬を服用の前後には、食事の量を制限するのが良い。なぜなら、私たちが食べるほとんどの食品には、脂肪が含まれているからである。ちなみに製薬会社では、空腹時の服用が最も望ましいと案内する。

バイアグラ持続時間と関連してもう一つの注意事項があります。すぐにお酒を飲みすぎた後、取るにも注意しなければならないという点である。お酒を全く飲まはならないというわけではない。人によっては、適量の酒と一緒にバイアグラを服用したところ、むしろ効果が良かった場合もしばしばある。

ただし、過度に酒を飲むと、アルコールの鎮静効果により薬の効果が低下することができる。これは勃起不全治療剤だけではなく、ほとんどの薬が同一である。したがってしっかりとした薬効を見るためには、なるべくお酒と一緒に薬を服用していない方がいい。

ちなみにバイアグラとよく比較されるレビトラの薬効持続時間は4〜8時間でバイアグラに似ており、シアリスはなんと24時間以上、最大36時間の持続時間を発揮する。シアリスは、持続時間が長いほど性相方の家に1泊以上泊まりに行く時や旅行に行くときに服用すると効果的である。





シアリスが詳しく知りたい方、「シリアス体験」をご覧ください。